FC2ブログ

2018-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏合宿Oパーティー

 もうすでに夏合宿から1ヶ月ほど過ぎてしまい、だいぶ記憶が薄れてしまったので、印

象に残ったことを書いていきたい。

 1日目の感想は移動日であった。18切符で移動したがこの移動は高橋さんがいなかった

ら不可能だったと思う。そして1日目に泊まったキャンプ場はすごかった。トイレ、シ

ャワー、炊事場と思ったよりもきれいでよかったが、犬が放し飼いにされており夜に吼え

ているのだ。これは怖かった。テントの中でビクビクした。

 2日目の感想はやはり暗峠だろう。午前中に奈良で鹿を見ることが出来てよかった。し

かし午後の暗峠はすごかった。あの急角度と暑さだ。奈良の方から大阪に抜けるルートで

峠を越えたが、辛かった。自転車に乗ることを途中であきらめてずっと押した。いった

いいつまでこの坂道は続くのだろうかと思ったほどだ。もう2度登りたくはない。やっと

頂上に辿り着いて嬉しかったが、本当の苦難はこの先にあった。下りのほうが勾配が急だ

ったのだ。自転車に乗って降りるのは無理だった。ブレーキシューががりがり減っていく

し、道はがたがたで揺れるからだ。ここはあきらめて安全に自転車から降りて下った。し

かしそれでもブレーキシューは減っていくし怖かった。本当にもう暗峠には近づきたくも

ない。ただよかったことは、大阪に向かって降りるときの景色はよかった。その後は疲れ

た体でキャンプ場に行ったが間に合わず、道の駅で野宿することになった。ベンチで寝た

が疲れはあまり取れず、眠気が取れたくらいだった。

 3日目は和歌山に向かった。午前中になんとか和歌山県にはいることが出来て、順調に

進んでいると思ったが、お昼ご飯を食べているときにキャンプ場までの距離がまだ50キロ

ほどありこれは間に合わないかもしれないということになったのだ。さすがに2日連続で

野宿はきついので輪行をすることになった。この輪行のおかげでよくわからないおじさん

に絡まれてオークワというスーパーを知ることになったのだ。その日のキャンプ場は風が

強く落ち着いて眠ることが出来なかった。

 4日目は特にない。ただキャンプ場に向かって走った。

 5日目は今回の合宿の目的地の1つである本州最南端である潮岬に向かった。この日に溜

まった洗濯物をコインランドリーで洗うことが出来た。しかしキャンプ場に辿り着いてか

らがしんどかった。夜でテントを建てるのにも一苦労し、台風が近づいてきている。雨も

降って雷の音まで聞こえてきたのだ。怖かった。そしてこの日から天候が優れなくなった

のだ。

 6日目は潮岬を観光してから串本に戻り、これからどうするかの話し合いになり、輪行

するという話になった。輪行のためだいぶ自由な時間が出来、お土産が買えたのでよか

った。そして今日はやっと布団で眠ることが出来たのだ。民宿で泊まり布団で眠ることが

出来たときはとても嬉しかった。ずっとテントで寝てたために布団のありがたがみを感じ

られた。久しぶりに熟睡できたのでよかった。

 7日目は伊勢神宮の観光をした。今日は観光をメインということで輪行という計画だ

った。電車賃が思ったよりも高かったが、ゆっくりと観光するためには仕方なかった。し

かし電車で降りてから雨が降ってきて強くなったのだ。びしょぬれになりながらも伊勢神

宮を目指し、到着したころには雨も弱まっていたが雨によって奪われた体力と気力は戻ら

なかった。伊勢神宮は平日だというのに観光客でいっぱいであった。そして思ったよりも

普通の神社でがっかりしてしまった。ただ広くて古いという感じでした。でも人生で一度

は見ておきたかったのでよかった。今度ゆっくりと観光に来たいと思えた。伊勢うどんは

おいしかったです。

 8日目は実質の最終日であり、名古屋に向かって走った。途中で鈴鹿サーキットを見に

行きたいというわがままを聞いてくださり、若干のルート変更をして鈴鹿サーキットを見

た。外からチラッと見た程度だったがそれだけでもテンションが上がり楽しかった。しか

しその後四日市で名古屋まで輪行という手段になった。時間や疲れもありこの判断は正し

かった。名古屋についてからはホテルで休憩した後、矢場とんで名古屋名物である味噌カ

ツを食べた。おいしかった。うまかった。合宿の目的地まで到着したのだという達成感が

やってきた。

 9日目は解散であり、自分は名古屋駅周辺を観光してから高速バスで実家まで一旦帰る

ことにした。この日の名古屋は大雨で道路が川になった。バスから見下ろす道路は川にな

っていてこんな体験はめったに出来ないと思った。大雨のおかげで予定よりも遅れて実家

に着いたが無事に帰れてよかった。

 合宿が終わっての感想はつらかったということが一番残った。そして忙しかった。後、

自転車が満身創痍になっており整備してあげないといけない状態になってしまったことだ

った。またブレーキシューも買い換えないといけないしBBもひどいことになっているので

早めに買い換えたい。

 合宿は始まる前、合宿中、そして合宿が終わったあとにもお金がかかることがわかった

ので、次の合宿に向けて貯金をしておきたい。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://rsucc.blog.fc2.com/tb.php/5-ecbb7975
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

専修大学サイクリング同好会

Author:専修大学サイクリング同好会
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
行事 (2)
合宿 (6)
トップページ (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。